レディー

乾燥肌でも使える化粧品は必ずある|ランキングを参考にしよう

誘導体化のビタミンcとは

基礎化粧品

水溶性と油溶性がある

最近の化粧品に配合されている成分としてビタミンc誘導体があり、これは分解しやすいビタミンcを皮下層の奥深くに届くように作られています。ビタミンcはメラニンの生成を抑えるというアンチエイジングに有効な効果があるため、シミ・シワ・たるみ・くすみの改善が期待できます。しかし分解されやすいままの状態では意味がないので、ビタミンcを誘導体化させて化粧品に配合しています。ビタミンc誘導体には水溶性や油溶性といった種類があり、それぞれ特性が異なります。水溶性にはリン酸系・グルコシド系・硫酸系があり化粧水などに使用されますが、この3種の中で浸透力が最も優れているのはリン酸系といわれています。油溶性にはステアリン系やパルミチン酸系などがあり、クリームなどに使用されます。皮膚科で用いられるビタミンc誘導体化粧品には、油溶性が使用されていることが多いようです。

注目されてるのは両親媒性

ビタミンc誘導体には水溶性と油溶性があるといいましたが、両方の性質を持つビタミンc誘導体も存在します。その名称は両親媒性ビタミンcで、APPSと呼ばれることもあります。水溶性と油溶性はそれぞれ化粧品に配合する成分として、良い点と改善するべき点があります。両親媒性は水溶性と油溶性の良い点をカバーしているので、それぞれの成分より浸透力が向上しています。そのため、両親媒性ビタミンc誘導体を配合している化粧品は人気が高い傾向にあります。一言にビタミンc誘導体といっても種類があるので、どのような性質を持つビタミンc誘導体なのかを確認すると良い化粧品が見つかると思います。